レンタルピットでマイカーいじり

アクセスカウンタ

zoom RSS 『非分解』というのは分解してはいけないということです

<<   作成日時 : 2016/03/26 19:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

常連のお客様がドライブシャフトのブーツ交換その他でご来店、作業されました。
ドライブシャフトを抜いて古いグリスをふき取り、新しいグリスを注入し、新品のブーツをシャフトに通し、バンドで止めてドライブシャフトを戻します。
(シャフトを抜かないで分割されているタイプもあるのですが、あえて今回はこのタイプに挑戦です)

まず第一の試練。
ドライブシャフトはデファレンシャルに6本のボルトで固定されています。
ボルトの頭はヘキサゴン(六角の頭を差し込むタイプ)です。
画像


まず、これを1本ナメてしまいました!!!!
普通のボルトなら結構対応策やそれ用の工具があるので何とかなるのですが、
内側が変形してしまっているので、どうしようもありません。(1.5時間)

色々な人を頼って聞きまくったところ、
「スチール空き缶などを小さくちぎって間に詰めて回せ」ということでしたが、山が完全になくなっているので不可。
(1時間)

結局お客様が整備士経験豊富な助っ人に来てもらい、タガネで叩いて何とか外れました
(来てもらう時間含めて1.5時間)
画像


すでにボルト一本で4時間かかっています。




第二の試練。

そしてやっとドライブシャフトを引き抜くと!?

「ぼとぼとぼっと」・・・・・・・・・・??????

何やらグリスまみれの金属のボールが落ちてくるではありませんか!

ここでタイトルの『非分解』に繋がります(( ´∀` )

ジョイントの部分は非分解で、ボールはその非分解の部分のパーツなんです。


画像


このような構造になっていてCリングを外さないと外れないはずでしたがあっさり外れてしまいました

ここでプロの方に質問です。このジョイントは○○ジョイントです。
名前が出てきましたか?

出てこない??

では2択

A.トリポード型ジョイント
B.バーフィールド型ジョイント

答えは
Bでした。Aはハブ側についています。

さて、こいつを元に戻さないといけません。
SST(専用工具)はいらないのですが、そう簡単に溝とボールとリングが噛み合ってくれません。

画像

画像


苦労して何とか組み上がりました
画像


(1.5時間)

第三の試練。

当然ドライブシャフトを引き抜くということはボルトで止まっていた連結部分にはガスケットがあって、再利用出来ません。

実際、破れてしまいました。

しかし、お客様はほとんどのものは揃えていたものの、ガスケットは忘れていました。

仕方がないので厚紙を切り抜いて代用することにしました。
(ナフコに行き30分ロス)
画像


第四の試練


そしてやっと組み付けにかかるも何かおかしい。うまくはまらない・・・・・・・


やってしまいました。苦労して組んだジョイント部分がズレてしまいました!!!!!!!

この時点でもうすでに『夜も更けてまいりました』という時間帯。

ここでご本人以外の、周りの人のやる気が失せてしまいました_| ̄|○

ご了解頂き、閉店させてもらい、クルマは泊り料金を頂きお預かりとなりました。



翌日、朝から作業にかかりました。ナメてしまったボルトやガスケットも当店で手配し組み付けました。

お客様はこのほかにもブレーキキャリパーのオーバーホールもピストンを抜きさび落とし他作業されたのですが

、こちらも第五、第六の試練があってこの日も日が暮れるまでびっちりでした。

もし前日やめなければ、朝になっていたかもしれません( ;∀;)

でも、クルマいじりはこういうことは日常茶飯事で、

これをやり遂げたときの達成感、満足感、スキルアップしたんだ!という実感は

クルマ好きにとっては至福の喜びなんですね。うんうん。



画像


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『非分解』というのは分解してはいけないということです レンタルピットでマイカーいじり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる